カードローンの基本・目的・商品

キャッシングは怖い? 基本を知って上手に活用

 

友人の結婚式が同じ月に2回! 給料日前なのに断れないお誘いが入った! 限定商品がどうしても欲しい! など、お金のピンチは多かれ少なかれ誰もが経験したことがあるでしょう。
もう少しすれば給料日なのに、必要なのは今。
そんなときに頼りになるのが、モビットのカードローンなんです。

 

利用したことがないひとにとって「消費者金融でのキャッシング」と聞くと、強面のお兄さんが取り立てにくるとか、異常に高い金利で返済が苦しいとか、あまり良くないイメージをお持ちの方も。
しかし実際は、怖い取立てがくることもなく、法律で定められた金利で計画的な返済ができるようにアシストしてくれるため
とってもクリーンに融資を受けることができます。

 

その金利とは、借りたお金に対して1年間でどのくらいの利息がつくかを計算する利率で、それによって算出された具体的な金額を、利息といいます。
利息は借りたお金の返済と一緒に毎月払うのですが、モビットでは返済日の借入残高に対して算出する方式なので、借入残高が経れば減るほど、利息も低くなります。

 

銀行のカードローンなどに比べて消費者金融の金利が高めなのは、担保や保証人を用意する必要がなく、雇用形態が会社員以外でも申込めるところにあります。
モビットでは20歳以上69歳以下までで安定した収入があれば、契約社員やパート、アルバイトでも申込みが可能。
また、担保や保証人も必要なく、入会金や年会費などの手数料も一切かかりません。

 

また、住宅ローンや自動車ローンのように使用目的が制限されたローンとは異なり、その使い道は自由。
例えば一時的に苦しい生活費の補填をしたり、趣味やレジャーで必要となった際に利用したりもできるため、
モビットでは、1万円から800万円まで借り入れることができます。
しかし、総量規制といって、年収の3分の1以上は借入ができないと法律で決まっているため、年収に応じた金額での融資となります。
これにより、返せなくなるほどの借金を抱えるなどといったことが避けられますね。
既に他社で借入がある場合は、その金額も含めた額が対象となるので、申込みをする前にいくらまで借りられるか確認しておきましょう。